imgp5805

ブログメディア「大企業からベンチャーへ powered by X-エックス-」の不定期掲載企画として、”それぞれのHARD THINGS”というテーマで、起業家やベンチャー企業の社員の方々に赤裸々に語って頂きます。

パーソナル=一人の人間のストーリーを前面に出した内容となっているのでベンチャー企業のリアルが伝わるはずです!

ところで、2016年11月、アメリカ大統領選でドナルド・トランプ大統領が誕生しました。

これは間違いなく歴史の大きな転換点となると思います。

翻って、本シリーズでは日本から世界を変えていく起業家の転換点を伝えていければと思います。

今回、ご登場頂くのはマインドパレット・元CEOで現在は新たなチャレンジに取り組む神尾隆昌さんです。

アジア版インスタグラムとして1400万ユーザーを誇り、日本からグローバルを制するサービスとなる可能性があったSnapeeeを運営していたマインドパレット。

2016年6月に任意整理に踏み切ったことはベンチャーに関わる人々にとって大きな衝撃でした。

起業というチャレンジの中で、その多くは失敗に終わります。

失敗は語りたくないから「そこで何があったのか」は中々表に出て来ない。

しかし、ここにこそ一番の学びがあるはずです。

僕たちは誰か特定の個人を攻撃したいわけではありません。

同じ轍を踏まないため、先人起業家の知見を未来の起業家に繋ぎたいと思っています。

そして、ベンチャーエコシステム発展の一助となればと信じています。

今回、マインドパレットの始まりから終わりまでのストーリーを神尾さんの視点からお聞きしました。

ただ、あまりに衝撃的な内容なので、Web上で全てを公開することはできません。
この記事ではWeb編として一部を公開することに致します。

記事最後に、招待制ギルドである「X-エックス-」ユーザー限定とはなりますが、限られた空間でこのストーリーの全てを披露するクローズドイベントのご案内を致します。

それでは、日本のベンチャー界の歴史の一つであるマインドパレットのストーリーを最後のCEOであった神尾さんの視点からぜひご覧ください。

続きを読む