上海の衝撃(下) 4.そして見える、龍の姿

 Atsuko Miyashita
大手電機メーカーの海外営業、広報を経て独立。アメリカ在住。
幼少期と大学時代をイギリス・ドイツ・ブラジルで過ごした経験から、比較文化に強い関心を持つ。

2016年12月よりエックス会員。Xブログ運営の主要メンバーとして携わる。
http://matching-project-x-blog.com/

この記事は、X-エックス-が2月に行った上海の視察から学んだことをまとめたものです。

他者を知ることで、自らを振り返る。
そのためのヒントになればという思いから、異文化についてのさまざまな考察をお届けしています。

パンダなのか龍なのか

私が中国本土に足を踏み入れたのは、今回の視察が初めてのことだった。

しかしそれ以前にも、日本やイギリスなど中国の外で多くの中国人に出会い、接してきたため、幾分その国民性については理解しているつもりだった。

接するたびいつも驚いたのは、彼らのまっすぐで素朴な面と、非常にドライで強気な面とのギャップだ。

後者は日本人の国民性と異なるため、中国人に対してはそちらのイメージを持つ人が多いのではないだろうか。

ストレートな物言いで主張し、簡単には譲らないところなどに触れると、時に冷たい印象さえ生まれるかもしれない。

しかし同時に中国人は非常に人情に厚い面もあり、私も幾度となく助けられた経験がある。

 

本記事の前編(※上海の衝撃 上)で、中国はアメリカなどと同様「不信」をベースにした社会だというお話をしたが、そこから見ず知らずの人によく話しかけるフレンドリーな文化が生まれたアメリカと違い、中国では初対面においてシャイな人たちも多い印象がある。

上海では、アメリカのようにエレベーターやカフェなどであちらから声をかけてくれることは少ない。

しかしこちらから挨拶したりすると、何とも言葉では表現しがたいとても純粋な照れ笑いを返してくれる。

あのくしゃっと恥ずかしそうに笑う表情には、アジア以外ではあまりお目にかからないピュアで澄んだ空気が宿っている。

その表情を見ると、私も心の底から笑顔になってしまう。

その時の気持ちは、中国のシンボルであるパンダを見て、無条件に愛おしく感じる時と似ているかもしれない。
続きを読む

上海の衝撃(下) 3.上海人の超リアル

 Atsuko Miyashita
大手電機メーカーの海外営業、広報を経て独立。アメリカ在住。
幼少期と大学時代をイギリス・ドイツ・ブラジルで過ごした経験から、比較文化に強い関心を持つ。

2016年12月よりエックス会員。Xブログ運営の主要メンバーとして携わる。
http://matching-project-x-blog.com/

この記事は、X-エックス-が2月に行った上海の視察から学んだことをまとめたものです。

他者を知ることで、自らを振り返る。
そのためのヒントになればという思いから、異文化についてのさまざまな考察をお届けしています。

16日間にわたって行われた全人代が閉幕し、集近平体制による権力の一極集中をさらに印象付けた中国。

振り返って、一般の国民の日常にスポットライトを当ててみると、日本のバブル期に似たような懐かしい姿と、日本の常識ではなかなか考え難い特殊な事情が浮かび上がってきた。

農村生まれに課される鎖

今から半年ほど前、フォーブス誌が世界の所得に関するちょっと衝撃的な記事を出した

上海の平均賃金が一部のEU諸国のそれを上回ってきているという。それによると、上海は月給にして$1,135

2018年3月現在のレートで約12万円と、日本の平均賃金にはまだまだ及ばないものの、中国を低賃金の世界の工場としてとらえてきた人々からすると、「いつの間に?」という印象だろう。

さらにマネジメントレベルでいうと、日本より中国の方がむしろ高いといわれている。

ただもちろんこれは中国でも農村部との間には大きなギャップがある

上海の平均月収は農村ではほぼ年収にあたるというのが大方の見方だ。

さらに中国では農村で生まれた人が都市の戸籍をなかなか取れないというハードルがある。

特に上海などの大都市ではポイント制を敷き、学歴・納税状況・家族状況・上海居住年数など幅広い項目を点数化している。

農村出身の人は120点を超えないと上海に戸籍を持つことはできず、これは超トップ大学に入ったり難関の国家職業資格を取ったりなどの秀でた何かがない限り、現実として相当厳しい

戸籍を持たずとも上海に暮らすことはできるが、様々な優遇措置が受けられず生活が苦しくなるほか、その後結婚して子供ができたりすれば、その子を上海の学校に通わせることはできず、結局出ていくことになる

そういった厳しい現実があるためか、上海では家を所有していない男性が結婚をするのは非常に難しいという。

そのため、息子が結婚できるよう親たちは必死になって働き、家を買ってあげる。

そう、親が買うのだ。

続きを読む

上海の衝撃(下) 2.金儲けは善か?悪か?

 Atsuko Miyashita
大手電機メーカーの海外営業、広報を経て独立。アメリカ在住。
幼少期と大学時代をイギリス・ドイツ・ブラジルで過ごした経験から、比較文化に強い関心を持つ。

2016年12月よりエックス会員。Xブログ運営の主要メンバーとして携わる。
http://matching-project-x-blog.com/

この記事は、X-エックス-が2月に行った上海の視察から学んだことをまとめたものです。

他者を知ることで、自らを振り返る。
そのためのヒントになればという思いから、異文化についてのさまざまな考察をお届けしています。

前回(1.統制と自由の間、それでも政府を信じる)は中国政府によるIT規制と、それでも政府への信頼は高いという調査結果をご紹介した。

政府への信頼は右肩上がりの経済成長によるところが大きいと思われるが、中国には今なお大きな貧富の差が存在するのも現実だ。

社会主義でありながら資本主義の要素を多くもつ中国。

背景を少したどってみよう。

 

「金儲けは善」となった中国

毛沢東氏が死去し文化大革命が終焉した後の1970年終わり

時の最高指導者・鄧小平氏は、事実上の中国首脳として初めて訪日を果たした

当時世界一の貿易黒字国となっていた日本の企業に大きな関心を持ち、日産自動車やパナソニックなどの施設を精力的に視察して回った。

 

経済を立て直すことが何より重要だと考えた鄧氏は、社会主義経済の下に市場経済の導入を図る「改革開放」政策を推進。

その基本原則として「富める者から先に富め」という「先富論」を唱えた。

国を豊かにするために社会主義でありながら個人の利益追求を公に認めたのである。

しかし、「金儲けは悪」だとして生命までもおびやかした時代が続いた後のことである。

いきなりそれが善だと言われても、国民は戸惑った

続きを読む

上海の衝撃(下) 1.統制と自由の間、それでも政府を信じる

 Atsuko Miyashita
大手電機メーカーの海外営業、広報を経て独立。アメリカ在住。
幼少期と大学時代をイギリス・ドイツ・ブラジルで過ごした経験から、比較文化に強い関心を持つ。

2016年12月よりエックス会員。Xブログ運営の主要メンバーとして携わる。
http://matching-project-x-blog.com/

この記事は、X-エックス-が2月に行った上海の視察から学んだことをまとめたものです。

他者を知ることで、自らを振り返る。
そのためのヒントになればという思いから、異文化についてのさまざまな考察をお届けしています。

前篇(上海の衝撃(上) )では、IT技術の急速な進化が中国の人々の日常をどのように変えているか、現地からのレポートをお伝えした。

その後のイベントも含め感想をいくつかいただいたが、中心となったのは「中国が遥か前を走っているように見える」衝撃だった。

さらに存在感を増す中国企業

フォーブス誌によると2017年の企業ランキング(売上、利益、資産、市場価値の加重平均)トップ10のうち、1位と2位を含めた4社中国の企業だった

出展: Wikipedia, Forbes Global 2000

続きを読む

上海の衝撃(上)  〜「信用」で切り取る中国のIT革命〜

 Atsuko Miyashita
大手電機メーカーの海外営業、広報を経て独立。アメリカ在住。
幼少期と大学時代をイギリス・ドイツ・ブラジルで過ごした経験から、比較文化に強い関心を持つ。

2016年12月よりエックス会員。Xブログ運営の主要メンバーとして携わる。
http://matching-project-x-blog.com/

この記事は、X-エックス-が2月に行った上海の視察から学んだことをまとめたものです。

他者を知ることで、自らを振り返る。
そのためのヒントになればという思いから、異文化についてのさまざまな考察をお届けしています。

― 目の前から、光が消えた。


上海近郊にある水郷古鎮「西塘」

今回調査先の上海から足を延ばし、中国の郊外でも進んでいるというIT環境を体感するため、ひとりでこの美しい街を訪れていた。

日も暮れ、帰りの最終バスが迫っていることに気付いた私は、発車寸前の車両を見つけ、なんとか飛び乗った。

発車してすぐのことだった。


― 突然あたりが真っ暗になった。

本当に、一筋の光もなくなった。

筆者が思わずスマホで撮ったその時の車内


「このまま連れていかれる先は、本当に上海なのだろうか?」

続きを読む

起業家はウツだらけ!? ー倒れても、また立ち上がるために(後編)

中村義之氏
株式会社YOUTURN代表取締役
(みんなのウェディング元COO)

惚れ込んだビジネスの新会社上場に向け、極限まで働いた結果、心身を壊してしまった中村義之さん。
すべて終わりだと落胆した先に、どのように立て直し、新たな起業へと踏み出したのかを語ります。

前半はこちら

続きを読む

起業家はウツだらけ!?  - 倒れても、また立ち上がるために(前編)

中村義之氏
株式会社YOUTURN代表取締役
(みんなのウェディング元COO)

一見華やかに見える、成功した起業家。
しばしばその裏には、筆舌に尽くしがたい苦労があります。

IPOを経験し、その後メンタル疾患を患って退職。
2年の病気療養を経た後に、再度起業のチャレンジに踏み出した起業家の話に迫ります。

 

普通なら表に出てこない先人の教訓を共有し、未来を変えていくための共有知にする。
今チャレンジしている起業家、これから起業を考えている挑戦者の卵の方に、至玉の話をお贈りします。

尚、本記事はX-エックス-のメンバー限定パーティーである「新・車座 其の二十一」を記事化したものです。「車座」にご興味ある方は最下部のリンクをご覧ください。

※本記事の内容をより的確に伝えるため2018.1.19にタイトル変更をしております。

続きを読む

「死ぬまでずっと楽しく過ごすためにどうすればいいか」を考えてみた

僕の実家は母方の祖父が始めた家業をやっているのだが、事業の将来性なのか父親の婿養子としての苦悩があったのかは分からないが、息子に継がせようと思っていなかった節がある。そのせいか、僕は親からの指図を全くされないで育ってきて、自分の頭で考えるのが身に染み付いている性分だ。

そんな中、一番興味が惹かれるテーマは、

「死ぬまでずっと、楽しく過ごすためにはどうすればいいんだろう?」

というものだ。

続きを読む

本当は仲良くしたい!営業とマーケを繋ぐキューピッドとは?

社外に向いて動いている「営業」と社内に向いて動いている「本部」の間ってなかなかうまくいかない・・・

そんなことありませんか?

こんにちは、Mi6川元です。

営業の皆さん、マーケティングは売上に直結しないリストを渡してくるセンスの無い連中だと思ったことはありませんか?

一方で、マーケティングの皆さん、こんなに苦労してホットなリストをかき集めてきたのに営業は不平ばかり言っている!そう思ったことはありませんか?

この一見両立しそうにない営業とマーケティングがうまく協働するにはどうしたら良いのでしょうか?

その役割を果たすキーマン「インサイドセールス」

そして、3者を繋ぐ鍵は「データ」にあります。

大企業で法人営業に携わる方々に、ベンチャー企業が取り入れている日本でも先端の法人営業の仕組みを公開します。

尚、本記事はX-エックス-のメンバー限定パーティーである「新・車座 其の二十」を記事化したものです。「車座」にご興味ある方は最下部のリンクをご覧ください。

続きを読む