成長に必要なのは「自律・分散・協調」ーー日本発ティール型組織・ネットプロテクションズに学ぶ、組織設計の新たな形

 

“世界を変える第3のつながり“をコンセプトにした月額会員制サービス「X-エックス-」では、会員限定の交流会を定期開催しています。

本記事では、Xメンバー限定パーティ「新・車座」〜其の三十八〜の様子をダイジェスト形式でお届けします。今回のテーマは「ティール型組織は実現できるのか?」 です。登壇者は、株式会社ネットプロテクションズ執行役員・秋山瞬氏。

同社は、2018年4月に「役職としてのマネージャーを廃止する」人事評価制度「Natura(ナチュラ)」を発表。特定のメンバーに恒久的に権限・責任が集中するのを避け、自律・分散・協調に基づくティール型組織の実現を目指します。

“社員間の競争意識を排除し、心理的安全性を醸成することで、これまで以上に成長と価値発揮に力を傾けることができる環境が構築されることを期待しています”という衝撃のプレスリリースから早5ヶ月。

現代の多くの民間企業が採用しているマネジメントである「達成型組織(『もしも自分たちが頑張らないと、会社が滅んでしまう』というプレッシャーによるマネジメント手法を取る組織)」を脱し、「信用・信頼」をベースとした「つぎのアタリマエ」をつくることはできるのか——次世代型組織を目指す、最先端企業の取り組みを追いました。

 

「会社の成長」と「社員の幸福」は実現できるのか?大量離職を乗り越えた、「自律・分散・協調」への道のり

ネットプロテクションズは、「つぎのアタリマエをつくる」をミッションに掲げる会社です。ミッションには、「ネットプロテクションズだからできたよね」と、会社規模で社会に変革を起こすような「今のトクベツ」に止まらず、「社会全体に新たな価値観をもたらす」という想いが込められているのだといいます。

その想いを反映しているのが、ティール型組織実現のための人事評価制度「Natura(ナチュラ)」です。

「Natura(ナチュラ)」が目指すのは、「もしも自分たちが頑張らないと、会社が滅んでしまう」というプレッシャーで企業の成長を促す、現代の多くの民間企業が採用しているマネジメント手法「達成型組織」とは真逆の価値観から生まれているもの。

プレスリリースに、「社員間の競争意識を排除し、心理的安全性を醸成することで、これまで以上に成長と価値発揮に力を傾けることができる環境が構築されることを期待しています」と掲げられていたように、全く新しい手法でマネジメントを行い、企業の成長を目指しています。

車座にご登壇いただいた執行役員の秋山氏曰く、「Natura(ナチュラ)」構想が立ち上がった背景には、過去に大量離職が発生した苦い経験があったのだそう。

秋山「5年ほど前に、全社員で新たに企業のビジョンを策定し、つくられたのがミッションである『つぎのアタリマエをつくる』と7つのビジョンです。その結果、残念ながら理念に共感できないメンバーが大量に離職していきました。一方で、ミッション・ビジョンという軸ができたので、事業だけでなく組織づくりにおいても『つぎのアタリマエをつくる』ことを本質的に考え、会社の成長と社員の幸福の両立を目指し、組織改革を行いました。

メンバーが会社と事業に従属するのではなく、会社とメンバーの関係をフラットへと移行し始めたのです。『メンバーが個人のWillを実現するために120%ワクワクしながら働くからこそ、会社成長につながるのだ』と考えをシフトしました」

当時の組織変換について、参加者の西村創一朗さんから「組織体制の変化は、経営陣がトップダウンで行ったのではなく、社員を巻き込んだのでしょうか?」と質問がありました。

秋山さんは「トップダウンではなく、全社員を巻き込んでやりました」とのこと。社員が自発的に参加したからこそ、メンバーが定着する組織へと転化することができたそうです。離合集散はあれど、組織の理念に強く共感するメンバーが増えたため、「組織の“密度”が高くなっている」のだといいます。

また、翌年からジョインするメンバーは、組織への共感が高い状態なので、以降離職率が低下し続けているのだそう。

そのマインドシフトの延長線上にあるのが「Natura(ナチュラ)」です。「ティール組織」の概念が日本に普及したのは、書籍『ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』が出版されたことに端を発しますが、「Natura(ナチュラ)」構想は、その1年前からスタートしているとのこと。

もともとティール組織を目指して発足した人事評価制度ではないそうですが、今後ティール型の組織になることを志向しているため、その前段階として「Natura(ナチュラ)」を発表しています。

秋山「ネットプロテクションズが目指す組織像として、「自律・分散・協調を実現するティール型組織」としています。ティール組織で語られる文脈は「自律・分散」がメインですが、あえて「協調」を加えているんです。

なぜなら、社員の成長・自己実現を相互支援することが大前提にあるからです。その上で、プラスアルファの価値として、社会の発展や会社の成果を同時に叶えていくことを指針にしています」

マネージャーではなく、カタリストが必要だ。全社員が自走する、次世代型組織への取り組み

講演でお話いただいた「Natura(ナチュラ)」の特徴的な点は、「マネージャー職の廃止」、「報酬の適正配分から成長支援」、「フェアな報酬ポリシー」の3つです。

まずは、「マネージャー職の廃止」。従来の組織マネジメントは、組織(部署)を統括するマネージャーが、メンバーを育成・評価するのが通例でした。しかし「Natura(ナチュラ)」では、マネージャー職を廃止し、代わりに「カタリスト」という役割を配置します。

マネージャー職を廃止する一番の理由は「自律・分散・協調組織を運営するためには、全員がマネジメントポジションとして機能する必要があるから」、特定のメンバーに権限・責任が集中する、役職としてのマネージャーは不要だと考えられています。

秋山「カタリストの役割は、各部署における『情報』、『人材』、『お金』の采配ですが、積極的にオープンにすべき人に関する機微な情報やそれに紐づく組織アーキテクチャ設計以外は、基本的に権限委譲可能だと考えています。また、カタリストの数は1名に限らず、チーム人数の10%程度存在することが望まれます。そして、カタリストは各期で流動的に交代し、任用もチームメンバーが合意すれば自由です。なので、特定の個人に権限・責任が集中することはありません。責任を分散させるので、不祥事が発生した際に、謝りに行く担当者が毎回違うということもあります。そうしたことがあっても、問題ないと考えているからです。

あるシチュエーションではAさんがリーダーで、Bさんがメンバー。しかし、異なるシチュエーションでは、その関係が逆転する。このように、固定的なヒエラルキーが存在しない状態を『フラットな組織』だと定義し、そうした組織設計を目指しています」

続いて、「報酬の適正配分から成長支援」です。ネットプロテクションズでは、マネージャー職の廃止に伴い、評価者と被評価者の関係性を解消します。具体例をあげると、『ディベロップ・サポート面談』という、「1 on 1」面談から、「N on N」面談へのシフト。複数人同時に面談をする訳ではなく毎月面談する人が変わる形式で、評価者と被評価者の関係を固定化せず、全ての人材が「評価者であり、被評価者」である状態になります。

秋山「『評価する』という考えでは、関係がギスギスしてしまいます。なので、基本的なスタンスとして『成長支援』を前提に面談を行います。面談では、『秋山さんの成長を支援する観点で、アドバイスやフィードバックを行います』という対話がされるのです。

賞与の決定など、最終的な業績評価はカタリストかカタリストが権限委譲したメンバーが行うものの、こちらの権限も集中しない工夫をしています。複数人にて評価を行う委員会を設置しているので、給与や賞与の決定などを、一人の決裁者に委ねることはありません」

競争意識の排除によって、心理的安全を醸成する。「Nature(ナチュラ)」にみる、つぎのアタリマエ

最後が、「フェアな報酬ポリシー」です。ネットプロテクションズでは、社内から競争意識を排除するために、新卒1〜3年目は基本的に年功給が採用されているのだといいます。以前は若干額の差を設定していたのですが、「なぜ金額が違うのか」といった議論をなくすために、給与額が決まっているそうです。

秋山「合計で5つのグレードがありますが、ある程度の基準は定められています。明らかに基準を満たしている場合に限り、グレードが上昇していく仕組みです。その際の評価も、個人ではなく、コンピテンシーをベースに複数人が評価を行う「360度評価」によって決定されます」

秋山「360度評価のベースとなるコンピテンシーは基本的にマインドと基礎スキルに加えて、複合スキルの3階層で定義されています」

ちなみに、社員のバンドは開示されるそう。「あの人はこういう動きをしているから、バンド2なんだ」と、全社員が分かるかたちです。

相対評価で奪い合うような競争ではなく、絶対評価での基準を理解するからこそ主体性が生まれ、さらに相互に成長支援していくことで思考と行動が加速する。車座の参加者からも質問が活発に飛び交い、多くの学びが生まれていました。

参加者の一人から「この人事評価制度は、財務的に余裕がある会社じゃないとできないことですよね?」と質問がありました。

秋山さんは質問に対し「その通りだと思います。弊社の理念は『つぎのアタリマエをつくる』ですが、財務の安定を生んでいるのは決済というインフラかつオペレーティブな事業で、一見するとイノベーティブなミッションとは矛盾しています」と回答。

秋山「沿革を辿ると、オペレーティブな事業を立ち上げるために、創業当初はトップダウンの組織体制で事業を推進してきました。その際に迎えた事業立ち上げにおける死の谷を越え、現在は財務が安定してきたんです。その上で、組織も徐々に変化してきました。財務の安定があったからこそ、組織体制を刷新できていると思います。そして、理想とする理念(頭)に実態である組織(体)を合わせていくこの試みが「Natura(ナチュラ)」なんです。」

組織に求められるのは、至らなさを埋める成長意欲

講演の最後には、「Natura(ナチュラ)」という名称に込めた想いについて語られました。

秋山「私たちが大事にしているのは、人が人らしく、ありのままでいられることです。その状態こそが、幸せだと考えています。その幸福を実現するための制度なので、Nature(ネイチャー)の語源にあるNatura(ナチュラ)を採用しています」

講演が終了したあとに、秋山さんに「離職者が増えたときに、秋山さんが会社に残った理由は何ですか?」と質問したところ「まだまだこの会社でできることがあると考えたからです」と教えてくれました。

秋山さんの講演と、質問に対する回答を聞き、「ほしい未来は、必ずしも、今できることの延長線上にあるものではない」と感じました。現在ネットプロテクションズは、組織の「アタリマエ」をアップデートすることに成功し、さらなる成長を目指して試行錯誤している段階です。

しかしかつては、大量離職を経験するなど、事実として未完成な組織だったこともある。そうした逆境を越え、今に至った背景には、ビジョンの実現を目指して改革を推進してきた、ビジョナリーな秋山さんの存在があったからではないでしょうか。

「まだまだできる」という前向きな姿勢が、次世代型組織として注目されるネットプロテクションズをつくりあげた要因になっているのは、間違いありません。

本日参加した車座のメンバーは、講演の終了後に行われたミニワールドカフェで、理想的な組織の形を語り合いました。今日の学びは、各々が所属する組織がより良い方向へと舵を切るきっかけになるかもしれません。

僕自身、車座に参加したことで、「至らなさを埋める成長意欲が、つぎのアタリマエをつくるのだ」と感じました。組織改革の文脈に限らず、ビジョンのもとで働くことの重要性を感じた有意義な時間でした。

 

 

ライター:オバラミツフミ 
Publicist at Traimmu / Editor in Chief at co-media / 『選ばれる条件』(木村直人・エザキヨシタカ 共著) / 『10年後の仕事図鑑』(堀江貴文・落合陽一 共著)など

生かされている事に気づき、恩返しをしていきたい ~“HARD THINGS”を乗り越えて気づいた、自分が本当に実現したいこと~

今回のプレゼンター:

西村 創一朗氏   

株式会社HARES CEO 複業研究家 / HRマーケター
ランサーズ株式会社 複業社員
NPO法人ファザーリングジャパン 理事

「一人一人が本来の生き方を取り戻す、そして日本から世界を変えていく」 

そんなX-エックス-の理念を実現するために開発された深層対話の技術を公開する車座の新シリーズ

生き方を語り合う 〜原体験が未来を拓く鍵〜

X-エックス-では、今まさに人生の岐路に立ち、これからの生き方を模索している方に向けて、まずは自分の過去を振り返っていただき、対話によってこれまでの生き方を「今までになかった視点から再解釈」していただく事で、新しい未来を切り拓いてもらう場を提供しています。

 

好評だった第一回に続き、第二回を開催しました。
続きを読む

「成長マインドセットとは?」〜強いチームをつくる〜 

《ご登壇者》
吉田 行宏氏   
株式会社アイランドクレア 代表取締役

株式会社ガリバーインターナショナル(現 株式会社IDOM)の元専務取締役で、『成長マインドセット』の著者でもある吉田行宏さん。20年間にわたって何千もの人々に向けて行ってきた研修の中でも最も大切な要素をぎゅっと詰めたのがこの著書です。

現在も25社以上の代表、役員、社外取締役、戦略顧問など幅広く手掛けられ、様々な企業と人の成長を実際に飛躍させている吉田さんが語る、人が成長するために必要なマインドセットとは。成長を阻害する心のブレーキの外し方とはー。

(※今回の車座では、この『成長マインドセット』を事前に読んだ上で皆様にご参加いただき、さらに一歩議論を深めるという形式をとりました。そのため、出てくる会話が本の内容が共有されている前提である点ご了承ください。)

続きを読む

信頼される経営者へ生まれ変わるため、ありのままを語る

関 憲人氏
株式会社マクサスCEO

人との関係性は、時として自身を映し出す鏡になります―

起業家一族のサラブレットの血を継ぎながら、学校などではトラブル続きで、高校を中退した後、自分を追い込むように起業した関 憲人さん

その後、事業を守るため必死に駆け上ってきましたが、振り返ればその中で、親友やたくさんの仲間を失いました

今回3周年を迎えたX-エックス-は、第35回目となるメンバー限定パーティー「新・車座」のテーマを、私たちが最も大切にしてきた真髄である「生き方を語り合う」こととし、関さんが今までの半生を振り返り、ありのままを語る場とすることにしました。

平日の定時に仕事を切り上げ、集まってくれた11人の皆さんとともに。

決して順風満帆ではなかった過去を、言いづらいことも含めて赤裸々に語ってくださった関さんのこれからを応援し、一人でも多くの方々に受け止めてもらうため、ここにそのすべてを公開します。

続きを読む

資本主義の先にあるものとは?起業して3年で見えてきた何か

こんにちは、Mi6の川元です。
 
今月で起業してちょうど3年が経ちました。
 
この節目を迎えるに当たって、今からちょうど1年半程前にある起業家に言われた言葉を思い出します。

 

「伝わった!川元くんのやってること応援するよ。

 続けることだね。

 私も3年続けてきたころに、誰かが見てくれていて色んな話がくるようになったよ。

 まずは3年、頑張ろう。」

 

たまたまその方と夜ご一緒する機会があって思い出しました。

彼女にもらった言葉が、「今」僕にとって現実の意味を持つものになりました。

 

僕は計9年間、銀行とVCという資本主義の中心ともいえる場所で血肉を削ってきました。
 
起業後、それまでとはある面で正反対の道を突き進んでくる中で、少しずつではありますが、
– 資本主義の先にあるもの – が見えてきた気がしています。
 
起業したこの3年の間 – 特にこの1年間 – に何があったのか?
 
僕の心境と無形資産の変化にフォーカスして綴ってみたいと思います。
 

続きを読む

上海の衝撃(下) 4.そして見える、龍の姿

 Atsuko Miyashita
大手電機メーカーの海外営業、広報を経て独立。アメリカ在住。
幼少期と大学時代をイギリス・ドイツ・ブラジルで過ごした経験から、比較文化に強い関心を持つ。

2016年12月よりエックス会員。Xブログ運営の主要メンバーとして携わる。
http://matching-project-x-blog.com/

この記事は、X-エックス-が2月に行った上海の視察から学んだことをまとめたものです。

他者を知ることで、自らを振り返る。
そのためのヒントになればという思いから、異文化についてのさまざまな考察をお届けしています。

パンダなのか龍なのか

私が中国本土に足を踏み入れたのは、今回の視察が初めてのことだった。

しかしそれ以前にも、日本やイギリスなど中国の外で多くの中国人に出会い、接してきたため、幾分その国民性については理解しているつもりだった。

接するたびいつも驚いたのは、彼らのまっすぐで素朴な面と、非常にドライで強気な面とのギャップだ。

後者は日本人の国民性と異なるため、中国人に対してはそちらのイメージを持つ人が多いのではないだろうか。

ストレートな物言いで主張し、簡単には譲らないところなどに触れると、時に冷たい印象さえ生まれるかもしれない。

しかし同時に中国人は非常に人情に厚い面もあり、私も幾度となく助けられた経験がある。

 

本記事の前編(※上海の衝撃 上)で、中国はアメリカなどと同様「不信」をベースにした社会だというお話をしたが、そこから見ず知らずの人によく話しかけるフレンドリーな文化が生まれたアメリカと違い、中国では初対面においてシャイな人たちも多い印象がある。

上海では、アメリカのようにエレベーターやカフェなどであちらから声をかけてくれることは少ない。

しかしこちらから挨拶したりすると、何とも言葉では表現しがたいとても純粋な照れ笑いを返してくれる。

あのくしゃっと恥ずかしそうに笑う表情には、アジア以外ではあまりお目にかからないピュアで澄んだ空気が宿っている。

その表情を見ると、私も心の底から笑顔になってしまう。

その時の気持ちは、中国のシンボルであるパンダを見て、無条件に愛おしく感じる時と似ているかもしれない。
続きを読む

上海の衝撃(下) 3.上海人の超リアル

 Atsuko Miyashita
大手電機メーカーの海外営業、広報を経て独立。アメリカ在住。
幼少期と大学時代をイギリス・ドイツ・ブラジルで過ごした経験から、比較文化に強い関心を持つ。

2016年12月よりエックス会員。Xブログ運営の主要メンバーとして携わる。
http://matching-project-x-blog.com/

この記事は、X-エックス-が2月に行った上海の視察から学んだことをまとめたものです。

他者を知ることで、自らを振り返る。
そのためのヒントになればという思いから、異文化についてのさまざまな考察をお届けしています。

16日間にわたって行われた全人代が閉幕し、集近平体制による権力の一極集中をさらに印象付けた中国。

振り返って、一般の国民の日常にスポットライトを当ててみると、日本のバブル期に似たような懐かしい姿と、日本の常識ではなかなか考え難い特殊な事情が浮かび上がってきた。

農村生まれに課される鎖

今から半年ほど前、フォーブス誌が世界の所得に関するちょっと衝撃的な記事を出した

上海の平均賃金が一部のEU諸国のそれを上回ってきているという。それによると、上海は月給にして$1,135

2018年3月現在のレートで約12万円と、日本の平均賃金にはまだまだ及ばないものの、中国を低賃金の世界の工場としてとらえてきた人々からすると、「いつの間に?」という印象だろう。

さらにマネジメントレベルでいうと、日本より中国の方がむしろ高いといわれている。

ただもちろんこれは中国でも農村部との間には大きなギャップがある

上海の平均月収は農村ではほぼ年収にあたるというのが大方の見方だ。

さらに中国では農村で生まれた人が都市の戸籍をなかなか取れないというハードルがある。

特に上海などの大都市ではポイント制を敷き、学歴・納税状況・家族状況・上海居住年数など幅広い項目を点数化している。

農村出身の人は120点を超えないと上海に戸籍を持つことはできず、これは超トップ大学に入ったり難関の国家職業資格を取ったりなどの秀でた何かがない限り、現実として相当厳しい

戸籍を持たずとも上海に暮らすことはできるが、様々な優遇措置が受けられず生活が苦しくなるほか、その後結婚して子供ができたりすれば、その子を上海の学校に通わせることはできず、結局出ていくことになる

そういった厳しい現実があるためか、上海では家を所有していない男性が結婚をするのは非常に難しいという。

そのため、息子が結婚できるよう親たちは必死になって働き、家を買ってあげる。

そう、親が買うのだ。

続きを読む

上海の衝撃(下) 2.金儲けは善か?悪か?

 Atsuko Miyashita
大手電機メーカーの海外営業、広報を経て独立。アメリカ在住。
幼少期と大学時代をイギリス・ドイツ・ブラジルで過ごした経験から、比較文化に強い関心を持つ。

2016年12月よりエックス会員。Xブログ運営の主要メンバーとして携わる。
http://matching-project-x-blog.com/

この記事は、X-エックス-が2月に行った上海の視察から学んだことをまとめたものです。

他者を知ることで、自らを振り返る。
そのためのヒントになればという思いから、異文化についてのさまざまな考察をお届けしています。

前回(1.統制と自由の間、それでも政府を信じる)は中国政府によるIT規制と、それでも政府への信頼は高いという調査結果をご紹介した。

政府への信頼は右肩上がりの経済成長によるところが大きいと思われるが、中国には今なお大きな貧富の差が存在するのも現実だ。

社会主義でありながら資本主義の要素を多くもつ中国。

背景を少したどってみよう。

 

「金儲けは善」となった中国

毛沢東氏が死去し文化大革命が終焉した後の1970年終わり

時の最高指導者・鄧小平氏は、事実上の中国首脳として初めて訪日を果たした

当時世界一の貿易黒字国となっていた日本の企業に大きな関心を持ち、日産自動車やパナソニックなどの施設を精力的に視察して回った。

 

経済を立て直すことが何より重要だと考えた鄧氏は、社会主義経済の下に市場経済の導入を図る「改革開放」政策を推進。

その基本原則として「富める者から先に富め」という「先富論」を唱えた。

国を豊かにするために社会主義でありながら個人の利益追求を公に認めたのである。

しかし、「金儲けは悪」だとして生命までもおびやかした時代が続いた後のことである。

いきなりそれが善だと言われても、国民は戸惑った

続きを読む

上海の衝撃(下) 1.統制と自由の間、それでも政府を信じる

 Atsuko Miyashita
大手電機メーカーの海外営業、広報を経て独立。アメリカ在住。
幼少期と大学時代をイギリス・ドイツ・ブラジルで過ごした経験から、比較文化に強い関心を持つ。

2016年12月よりエックス会員。Xブログ運営の主要メンバーとして携わる。
http://matching-project-x-blog.com/

この記事は、X-エックス-が2月に行った上海の視察から学んだことをまとめたものです。

他者を知ることで、自らを振り返る。
そのためのヒントになればという思いから、異文化についてのさまざまな考察をお届けしています。

前篇(上海の衝撃(上) )では、IT技術の急速な進化が中国の人々の日常をどのように変えているか、現地からのレポートをお伝えした。

その後のイベントも含め感想をいくつかいただいたが、中心となったのは「中国が遥か前を走っているように見える」衝撃だった。

さらに存在感を増す中国企業

フォーブス誌によると2017年の企業ランキング(売上、利益、資産、市場価値の加重平均)トップ10のうち、1位と2位を含めた4社中国の企業だった

出展: Wikipedia, Forbes Global 2000

続きを読む

上海の衝撃(上)  〜「信用」で切り取る中国のIT革命〜

 Atsuko Miyashita
大手電機メーカーの海外営業、広報を経て独立。アメリカ在住。
幼少期と大学時代をイギリス・ドイツ・ブラジルで過ごした経験から、比較文化に強い関心を持つ。

2016年12月よりエックス会員。Xブログ運営の主要メンバーとして携わる。
http://matching-project-x-blog.com/

この記事は、X-エックス-が2月に行った上海の視察から学んだことをまとめたものです。

他者を知ることで、自らを振り返る。
そのためのヒントになればという思いから、異文化についてのさまざまな考察をお届けしています。

― 目の前から、光が消えた。


上海近郊にある水郷古鎮「西塘」

今回調査先の上海から足を延ばし、中国の郊外でも進んでいるというIT環境を体感するため、ひとりでこの美しい街を訪れていた。

日も暮れ、帰りの最終バスが迫っていることに気付いた私は、発車寸前の車両を見つけ、なんとか飛び乗った。

発車してすぐのことだった。


― 突然あたりが真っ暗になった。

本当に、一筋の光もなくなった。

筆者が思わずスマホで撮ったその時の車内


「このまま連れていかれる先は、本当に上海なのだろうか?」

続きを読む